読売新聞東京本社限定:読売プレミアム6か月無料「おためしID」プレゼントキャンペーン。 購読のお支払いをNTT電話料金合算サービスにすると、もれなく おためしIDをプレゼント! まとめ払いで便利! たのしいコンテンツがたくさん! キャンペーン期間:6月30日まで

キャンペーン対象

読売新聞を新規に6か月以上お申し込み、または6か月以上ご購読中で引き続きご購読予定

+

購読料金のお支払いに、新規にNTT電話料金合算サービスをお申込み

=

読売プレミアムが6か月間無料で使える"おためしID"プレゼント

お申し込みはこちら

  • NTT電話料金合算サービスはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモとご契約で、NTTファイナンスより請求させていただいている方がご利用になれます。
  • すでにNTT電話料金合算サービスで購読料をお支払いの方は対象外です。
  • 読売新聞東京本社管内にお住まいの方が対象です。北海道、東北、関東の各都道県、新潟県、富山県、石川県、山梨県、長野県、静岡県、岐阜県、愛知県、三重県(名張市、伊賀市を除く)にお住まいの方のみご利用いただけます。(一部地域でご利用が出来ない場合があります。)
  • 読売プレミアム"おためしID"は一部機能の制限があります。

サービス概要

たのしいコンテンツがたくさん!
読売プレミアム

読売プレミアム

読売プレミアムとは、月額150円(税抜き)で、当日と過去1週間分の朝刊紙面をPC・スマホ画面で見られる「紙面イメージ」、全国の地域版記事の閲覧、新聞では読めないコラムや小説、数独などのゲーム等各種コンテンツ、最大1,000本まで記事を電子スクラップする機能や、過去1年間の読売新聞掲載記事の検索機能などをお使いいただける、読売新聞ご購読者様限定のサービスです。 

  • いつでもどこでも、読売新聞が読める!
  • 充実したコンテンツ
  • 独自コンテンツも盛りだくさん!
  • 今回半年間無料でお使いいただけるサービスは「読売プレミアム“おためしID”」となっており、一部ご利用になれないサービスがありますのでご了承ください。
    【ご利用になれない主なサービス】
    ・緊急速報メールサービス
    ・プレゼント特典応募(別途無料の「読売ID」を取得頂ければご利用になれます)
  • 今回の半年間無料サービスでは、天気地域・路線設定やスクラップ機能、myニュース設定単語などの保存情報が、サービス終了と共に消去されます。あしからずご了承ください。
  • 読売プレミアム"おためしID"は一部機能の制限があります。
  • 読売プレミアム"おためしID"から本契約に移行した場合は有料となります。
  • すでに読売プレミアムの会員の方が本キャンペーンに応募された場合、既存のIDとは別におためしIDのプレゼントとなり、既存IDの料金が無料になるものではありません。

読売新聞の新しい決済方法のおすすめ!新聞代と電話代がいっしょに支払える!!NTT電話料金合算サービス

NTT電話料金合算サービスとは

NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモとご契約で、NTTファイナンスより請求させていただいている方が対象の、読売新聞の購読料が電話代の請求と一緒に決済できるサービスです。

メリット1:便利
毎月の新聞料金を、NTTファイナンスから送られる「電話料金等の請求」といっしょにお支払いできます。
メリット2:安心
NTTグループの固定電話やNTTドコモ、フレッツなどのご利用者は、電話番号・お名前等の確認だけでお申し込みできます。クレジットカード番号や口座番号の記載が必要ありません!
  • 新聞購読料の「電話料金合算サービス」は、(株)読売ハートサービスがNTTファイナンス(株)の加盟店となり、YC(読売センター)からの購読料の回収代行の委託を受けるシステムです。お客様の購読料のご請求に関しましては、毎月YCからの連絡を受けて合算請求されます。
  • 一部にご対応できないYCがございますのでご了承ください。
  • ご利用するためには、NTTファイナンス(株)が管理運営する「電話料金合算サービス」へのご登録が必要になります。
  • 東京本社エリアのサービスとなります。大阪本社管内ならびに西部本社管内ではまだご利用になれません。

お申込み方法

現在ご購読中の方

下記のキャンペーンに関する利用規約をご覧になり、「上記規約に同意します」にチェックを入れたうえで「お支払い方法変更」ボタンをクリックし、読売ハートサービスのホームページからお支払い方法変更の手続きを行ってください。

本キャンペーンに関する利用規約

「読売新聞 × NTTファイナンス 読売プレミアム 6か月無料“おためしID"プレゼントキャンペーン」に関する利用規約

本利用規約は、株式会社読売新聞東京本社(以下「甲」といいます)とNTTファイナンス株式会社(以下「乙」といいます)が提供する「 読売新聞 × NTTファイナンス 6か月無料“おためし ID"プレゼントキャンペーン」(以下「本キャンペーン」といいます)および乙が提供する「電話料金合算サービス」(以下「本サービス」といいます)の利用に適用されます。なお、本キャンペーン終了後も、本サービスの提供については、本利用規約が適用されます。

(本キャンペーン)
第1条 本キャンペーンは、次項に定める対象者に対し、甲が「おためしID」を発行し、甲の購読者向け有料会員制サービス「読売プレミアム」を無料で閲覧できることをその内容とします。無料で閲覧できる期間は、おためしIDの発行を受けた日から6ヶ月間とします。
2.本キャンペーンの対象者は2017年4月17日から同年6月30日の間に、読売新聞を新規に6ヶ月以上申込むか6ヶ月以上購読中で引き続きご購読予定の方で、甲が管理・運営するホームページ「ヨミウリオンライン」(以下「YOL」といいます)と株式会社読売ハートサービス(以下「ハートサービス」といいます)のホームページを通じて、購読料金のお支払いのため新規に本サービスを申込み、甲および乙が適格と認める者(以下「キャンペーン適格者」といいます)とします。
3.キャンペーン適格者は、甲および乙が本キャンペーンの対象者として適格と認めた場合であっても、甲および乙の判断で本キャンペーンの適用を中止する場合があることをあらかじめ了承するものとします。なお、本サービスの利用の中止又は終了した場合には、本キャンペーンの適用も当然に終了するものとします。

(利用者等)
第2条 本サービスは、株式会社読売ハートサービスが、乙の加盟店となり、読売新聞販売店(以下「YC」といいます)からの新聞購読代金の回収代行の委託を受けるシステムのことをいいます。お客様からの購読料の請求に関しましては、毎月YCからの連絡を受けて合算請求されます。
2.乙が請求する東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTドコモ(以下「通信サービス等提供会社」といいます)の通信サービス等の回線契約者(以下「契約者」といいます)、または請求書送付先の名宛人(以下「支払者」といいます)で、本利用規約に基づき本サービスの申込みをした者のうち、乙が適格と認めた者を本サービスの「利用者」とします。

(申込方法)
第3条 本サービスの利用を申込む者(以下「申込者」といいます)は、本利用規約に同意の上、乙所定の方法に従って、本サービスを申込むものとします。
2.申込者は、乙が契約者回線について通信サービス等提供会社の通信サービス等契約約款等に基づいて債権譲渡された電話等料金の請求・収納に必要な情報(回線に係る契約者氏名、契約者住所、請求書送付先名、請求書送付先住所、口座番号、クレジットカード番号等の本人確認に必要な情報とします)を用いて、申込者が契約者あるいは支払者であることを確認、審査、通知、承諾、その他本サービスに関して必要となる範囲において使用することに、予め同意するものとします。
3.申込者は、乙が通信サービス等提供会社から債権譲渡された債権に関する通信料金等の請求(以下「合算先請求」といいます)に、読売新聞販売店(以下「YC」といいます)との間で締結した新聞購読契約(以下「購読契約」といいます)に係る料金(以下「購読料金」といいます)を合算して請求することに予め了承するものとします。
4.前項の合算された料金の支払方法は合算先請求の支払方法に従うものとします。
5.申込者が契約者または乙が適格と認めた者の場合、本条第2項、第3項、第4項で申込者が予め同意した事項と同じ内容について、支払者から予め承諾を得ることとします。
6.申込者が支払者の場合、申込者は、本サービスの利用、第13条に定めるその利用のため必要となる合算先請求に係る情報の利用および乙が別に定める『「通信サービスご利用料金等の請求・収納業務」に係る取扱い規約』の内容について、契約者から予め承諾を得ることとします。

(申込の承諾等)
第4条 乙は、申込者より本サービスの申込みがあった場合、申込内容の確認をした上で、支払者に確認書を発送し、乙所定の審査基準に従い審査を行い適格と認めた場合に承諾します。
2.以下のいずれかに該当する場合、乙は本サービスの申込みを承諾しない若しくは取り消すことがあります。
(1)お申込みいただいた合算先請求に用いられる電話番号等(以下「合算先請求番号」といいます)が、通信サービス等提供会社が提供する通信サービス等の契約者回線に係る電話番号等であることが乙で確認できない場合
(2)乙から支払者に対し、お申込み内容について送付した確認書が到達しなかった場合
(3)乙に対する支払いが現に滞り、または滞る恐れのある場合
(4)過去に、本サービスまたは乙が別に提供するサービスであるtabalまるごと決済の停止または取り消しを受けた場合
(5)過去に、本サービスまたはtabalまるごと決済の利用に際し不正行為を行った場合
(6)申込者が未成年で、法定代理人の同意を得ていない場合
(7)前条第5項、第6項の承諾が存在しないことが判明した場合
(8)その他、申込みを承諾することが不適切であるか、または申込みを認めることで本サービスの提供に支障が生じる恐れがある、または恐れがあると乙が判断した場合

(契約の成立)
第5条 乙が前条第1項の審査により承諾した場合には、支払者に前条第1項に基づく確認書を発送し、異議の申立てがない場合、本契約が成立したものとみなします。

(サービスの利用停止等)
第6条 乙は次に該当する場合には本サービスの利用停止、一時中断、解約の措置をとることができるものとします。なお、この場合、乙は甲に本サービスの利用停止等を通知します。
(1)契約者と通信サービス等提供会社との間の回線契約が解約または休止されたとき、または合算先請求の通信料金にかかる債権譲渡が以降行われない旨が通信サービス等提供会社から通知された場合
(2)利用者が登録した合算先請求番号に係る対象回線について、当該契約上の地位が第三者に譲渡された場合
(3)利用者が登録した合算先請求番号に係る対象回線について、通信サービス等提供会社から支払者の変更が通知された場合
(4)利用者が乙に対する料金等の支払い(本サービス以外に乙が請求する、合算先請求番号に関する請求を含みます)を遅延していることが判明、または遅延する恐れがあると乙が判断した場合
(5)利用者が本サービスにかかる全部または一部の支払いに異議を申し立てた場合
(6)本サービスに申込まれた事項が、虚偽の内容によるものであることが判明した場合
(7)本サービス開始以降、第11条に該当する場合
2.乙は、乙が定める期間内に利用者から購読料金の支払いがない場合には、本サービスの提供を取り止めます。
3.利用者は、乙の予測・対処不可能な事由による通信回線、通信設備、コンピュータシステム機器の障害、情報処理、伝達の遅延、誤作動、不能等があった場合、その他乙がその提供が困難と判断する場合には本サービスの提供を一時中断等する場合があることを予め了承するものとします。
4.本サービスによる購読料金の支払いができなくなったときは、YCが購読料金を集金するものとします。
5.月の途中で購読契約が終了した場合において、本サービスによる購読料金の請求を中止することができない場合には、YCがその差額を返金するものとします。
6.利用者の指定された回線が何らかの理由により無効または変更になった際には、利用者は、速やかにYCへ連絡するものとします。
7.利用者の指定された回線契約が終了した場合は、本サービスでの支払いも当然に終了するものとします。

(支払者の変更)
第7条 本サービス申込み承諾後に支払者を変更する場合、利用者は下記に同意するものとします。
(1) 利用者が契約者の場合、利用者は変更後の支払者から第2条第2項、第3項、第4項について予め承諾を得ること。
(2) 利用者が支払者の場合、支払者変更により本サービスは終了すること。
2.乙は、変更後の支払者から本サービス利用に関する前項(1)に基づく承諾が得られていないことを理由にサービス等料金の支払いを拒まれた場合、乙は契約者にサービス等料金を請求できるものとします。

(合算先請求情報の乙による変更)
第8条 乙は、乙の実施する審査において、申込者記載の合算先請求番号を、通信サービス等提供会社が契約者回線を特定するために別に付与した番号に変換の上審査、承諾、登録、通知する場合があります。
2.利用者の合算先請求番号に係る対象回線の異動が通信サービス等提供会社から乙に通知された場合、利用者の申込情報を、通知内容に基づき変更する場合があります。この場合、支払期限、支払方法は変更後の合算先請求番号に係る対象回線の条件に準じます。

(乙からの直接請求)
第9条 乙は、乙が必要と認めた場合には、購読料金の請求書を別に発行する場合があります。その場合、利用者は当該請求書に指定する期日までに乙に支払うものとします。

(乙による購読料金の返還)
第10条 乙は、第6条に基づき本サービスを利用停止、一時中断、取り止め、解約を行い、甲に回収代行不能の通知をした後に、利用者から購読料金等を受領した場合は、乙から利用者へ直接受領代金を返還することがあります。

(禁止事項)
第11条 甲および乙は、キャンペーン適格者が本サービスおよび本キャンペーンを利用するにあたり、以下各号に定める事項を行うことを禁止いたします。
(1)甲乙、通信サービス等提供会社の運営を妨害する行為
(2)他の利用者、第三者もしくは甲乙の権利、プライバシーを侵害、または侵害するおそれのある行為
(3)他の利用者、第三者もしくは甲乙の名誉、信用を毀損し不利益、または損害を与えるおそれのある行為
(4)公序良俗に反する行為またはその恐れのある行為
(5)犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく恐れのある行為
(6)コンピュータウィルス等有害なプログラムによって甲乙の事業を妨害する行為
(7)申込情報や、甲乙への通知、申告、問合わせ等で虚偽の申告、届け出をする行為
(8)法令に反する、もしくは違反する恐れのある行為
(9)その他、甲乙が不適切と判断する行為

(第三者への委託)
第12条 乙は本サービスの履行に関する業務の全部または一部を乙の判断で第三者へ委託することがあります。

(責任範囲)
第13条 利用者が本サービスの利用によって利用者またはその他の第三者が被った損害については、利用者と乙またはその他の第三者の間で解決するものとし、甲は一切の責を負わないものとします。
2.利用者が購読契約に関して利用者またはその他の第三者が被った損害については、利用者と甲またはYCその他の第三者の間で解決するものとし、乙は一切の責を負わないものとします。

(準拠法)
第14条 本利用規約に関する準拠法は日本法とします。また本サービスまたは本キャンペーンまたは本利用規約に関連して訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

規約に同意される方は上記にチェックを入れてください。

新規にご購読をお申し込みの方

下記のキャンペーンに関する利用規約をご覧になり、「上記規約に同意します」にチェックを入れたうえで「購読のお申込み」ボタンをクリックし、読売新聞の購読申込みを行ってください。その後引き続き、読売ハートサービスのホームページからNTT電話料金合算サービスのお手続きを行ってください。

本キャンペーンに関する利用規約

「読売新聞 × NTTファイナンス 読売プレミアム 6か月無料“おためしID"プレゼントキャンペーン」に関する利用規約

本利用規約は、株式会社読売新聞東京本社(以下「甲」といいます)とNTTファイナンス株式会社(以下「乙」といいます)が提供する「 読売新聞 × NTTファイナンス 6か月無料“おためし ID"プレゼントキャンペーン」(以下「本キャンペーン」といいます)および乙が提供する「電話料金合算サービス」(以下「本サービス」といいます)の利用に適用されます。なお、本キャンペーン終了後も、本サービスの提供については、本利用規約が適用されます。

(本キャンペーン)
第1条 本キャンペーンは、次項に定める対象者に対し、甲が「おためしID」を発行し、甲の購読者向け有料会員制サービス「読売プレミアム」を無料で閲覧できることをその内容とします。無料で閲覧できる期間は、おためしIDの発行を受けた日から6ヶ月間とします。
2.本キャンペーンの対象者は2017年4月17日から同年6月30日の間に、読売新聞を新規に6ヶ月以上申込むか6ヶ月以上購読中で引き続きご購読予定の方で、甲が管理・運営するホームページ「ヨミウリオンライン」(以下「YOL」といいます)と株式会社読売ハートサービス(以下「ハートサービス」といいます)のホームページを通じて、購読料金のお支払いのため新規に本サービスを申込み、甲および乙が適格と認める者(以下「キャンペーン適格者」といいます)とします。
3.キャンペーン適格者は、甲および乙が本キャンペーンの対象者として適格と認めた場合であっても、甲および乙の判断で本キャンペーンの適用を中止する場合があることをあらかじめ了承するものとします。なお、本サービスの利用の中止又は終了した場合には、本キャンペーンの適用も当然に終了するものとします。

(利用者等)
第2条 本サービスは、株式会社読売ハートサービスが、乙の加盟店となり、読売新聞販売店(以下「YC」といいます)からの新聞購読代金の回収代行の委託を受けるシステムのことをいいます。お客様からの購読料の請求に関しましては、毎月YCからの連絡を受けて合算請求されます。
2.乙が請求する東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTドコモ(以下「通信サービス等提供会社」といいます)の通信サービス等の回線契約者(以下「契約者」といいます)、または請求書送付先の名宛人(以下「支払者」といいます)で、本利用規約に基づき本サービスの申込みをした者のうち、乙が適格と認めた者を本サービスの「利用者」とします。

(申込方法)
第3条 本サービスの利用を申込む者(以下「申込者」といいます)は、本利用規約に同意の上、乙所定の方法に従って、本サービスを申込むものとします。
2.申込者は、乙が契約者回線について通信サービス等提供会社の通信サービス等契約約款等に基づいて債権譲渡された電話等料金の請求・収納に必要な情報(回線に係る契約者氏名、契約者住所、請求書送付先名、請求書送付先住所、口座番号、クレジットカード番号等の本人確認に必要な情報とします)を用いて、申込者が契約者あるいは支払者であることを確認、審査、通知、承諾、その他本サービスに関して必要となる範囲において使用することに、予め同意するものとします。
3.申込者は、乙が通信サービス等提供会社から債権譲渡された債権に関する通信料金等の請求(以下「合算先請求」といいます)に、読売新聞販売店(以下「YC」といいます)との間で締結した新聞購読契約(以下「購読契約」といいます)に係る料金(以下「購読料金」といいます)を合算して請求することに予め了承するものとします。
4.前項の合算された料金の支払方法は合算先請求の支払方法に従うものとします。
5.申込者が契約者または乙が適格と認めた者の場合、本条第2項、第3項、第4項で申込者が予め同意した事項と同じ内容について、支払者から予め承諾を得ることとします。
6.申込者が支払者の場合、申込者は、本サービスの利用、第13条に定めるその利用のため必要となる合算先請求に係る情報の利用および乙が別に定める『「通信サービスご利用料金等の請求・収納業務」に係る取扱い規約』の内容について、契約者から予め承諾を得ることとします。

(申込の承諾等)
第4条 乙は、申込者より本サービスの申込みがあった場合、申込内容の確認をした上で、支払者に確認書を発送し、乙所定の審査基準に従い審査を行い適格と認めた場合に承諾します。
2.以下のいずれかに該当する場合、乙は本サービスの申込みを承諾しない若しくは取り消すことがあります。
(1)お申込みいただいた合算先請求に用いられる電話番号等(以下「合算先請求番号」といいます)が、通信サービス等提供会社が提供する通信サービス等の契約者回線に係る電話番号等であることが乙で確認できない場合
(2)乙から支払者に対し、お申込み内容について送付した確認書が到達しなかった場合
(3)乙に対する支払いが現に滞り、または滞る恐れのある場合
(4)過去に、本サービスまたは乙が別に提供するサービスであるtabalまるごと決済の停止または取り消しを受けた場合
(5)過去に、本サービスまたはtabalまるごと決済の利用に際し不正行為を行った場合
(6)申込者が未成年で、法定代理人の同意を得ていない場合
(7)前条第5項、第6項の承諾が存在しないことが判明した場合
(8)その他、申込みを承諾することが不適切であるか、または申込みを認めることで本サービスの提供に支障が生じる恐れがある、または恐れがあると乙が判断した場合

(契約の成立)
第5条 乙が前条第1項の審査により承諾した場合には、支払者に前条第1項に基づく確認書を発送し、異議の申立てがない場合、本契約が成立したものとみなします。

(サービスの利用停止等)
第6条 乙は次に該当する場合には本サービスの利用停止、一時中断、解約の措置をとることができるものとします。なお、この場合、乙は甲に本サービスの利用停止等を通知します。
(1)契約者と通信サービス等提供会社との間の回線契約が解約または休止されたとき、または合算先請求の通信料金にかかる債権譲渡が以降行われない旨が通信サービス等提供会社から通知された場合
(2)利用者が登録した合算先請求番号に係る対象回線について、当該契約上の地位が第三者に譲渡された場合
(3)利用者が登録した合算先請求番号に係る対象回線について、通信サービス等提供会社から支払者の変更が通知された場合
(4)利用者が乙に対する料金等の支払い(本サービス以外に乙が請求する、合算先請求番号に関する請求を含みます)を遅延していることが判明、または遅延する恐れがあると乙が判断した場合
(5)利用者が本サービスにかかる全部または一部の支払いに異議を申し立てた場合
(6)本サービスに申込まれた事項が、虚偽の内容によるものであることが判明した場合
(7)本サービス開始以降、第11条に該当する場合
2.乙は、乙が定める期間内に利用者から購読料金の支払いがない場合には、本サービスの提供を取り止めます。
3.利用者は、乙の予測・対処不可能な事由による通信回線、通信設備、コンピュータシステム機器の障害、情報処理、伝達の遅延、誤作動、不能等があった場合、その他乙がその提供が困難と判断する場合には本サービスの提供を一時中断等する場合があることを予め了承するものとします。
4.本サービスによる購読料金の支払いができなくなったときは、YCが購読料金を集金するものとします。
5.月の途中で購読契約が終了した場合において、本サービスによる購読料金の請求を中止することができない場合には、YCがその差額を返金するものとします。
6.利用者の指定された回線が何らかの理由により無効または変更になった際には、利用者は、速やかにYCへ連絡するものとします。
7.利用者の指定された回線契約が終了した場合は、本サービスでの支払いも当然に終了するものとします。

(支払者の変更)
第7条 本サービス申込み承諾後に支払者を変更する場合、利用者は下記に同意するものとします。
(1) 利用者が契約者の場合、利用者は変更後の支払者から第2条第2項、第3項、第4項について予め承諾を得ること。
(2) 利用者が支払者の場合、支払者変更により本サービスは終了すること。
2.乙は、変更後の支払者から本サービス利用に関する前項(1)に基づく承諾が得られていないことを理由にサービス等料金の支払いを拒まれた場合、乙は契約者にサービス等料金を請求できるものとします。

(合算先請求情報の乙による変更)
第8条 乙は、乙の実施する審査において、申込者記載の合算先請求番号を、通信サービス等提供会社が契約者回線を特定するために別に付与した番号に変換の上審査、承諾、登録、通知する場合があります。
2.利用者の合算先請求番号に係る対象回線の異動が通信サービス等提供会社から乙に通知された場合、利用者の申込情報を、通知内容に基づき変更する場合があります。この場合、支払期限、支払方法は変更後の合算先請求番号に係る対象回線の条件に準じます。

(乙からの直接請求)
第9条 乙は、乙が必要と認めた場合には、購読料金の請求書を別に発行する場合があります。その場合、利用者は当該請求書に指定する期日までに乙に支払うものとします。

(乙による購読料金の返還)
第10条 乙は、第6条に基づき本サービスを利用停止、一時中断、取り止め、解約を行い、甲に回収代行不能の通知をした後に、利用者から購読料金等を受領した場合は、乙から利用者へ直接受領代金を返還することがあります。

(禁止事項)
第11条 甲および乙は、キャンペーン適格者が本サービスおよび本キャンペーンを利用するにあたり、以下各号に定める事項を行うことを禁止いたします。
(1)甲乙、通信サービス等提供会社の運営を妨害する行為
(2)他の利用者、第三者もしくは甲乙の権利、プライバシーを侵害、または侵害するおそれのある行為
(3)他の利用者、第三者もしくは甲乙の名誉、信用を毀損し不利益、または損害を与えるおそれのある行為
(4)公序良俗に反する行為またはその恐れのある行為
(5)犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく恐れのある行為
(6)コンピュータウィルス等有害なプログラムによって甲乙の事業を妨害する行為
(7)申込情報や、甲乙への通知、申告、問合わせ等で虚偽の申告、届け出をする行為
(8)法令に反する、もしくは違反する恐れのある行為
(9)その他、甲乙が不適切と判断する行為

(第三者への委託)
第12条 乙は本サービスの履行に関する業務の全部または一部を乙の判断で第三者へ委託することがあります。

(責任範囲)
第13条 利用者が本サービスの利用によって利用者またはその他の第三者が被った損害については、利用者と乙またはその他の第三者の間で解決するものとし、甲は一切の責を負わないものとします。
2.利用者が購読契約に関して利用者またはその他の第三者が被った損害については、利用者と甲またはYCその他の第三者の間で解決するものとし、乙は一切の責を負わないものとします。

(準拠法)
第14条 本利用規約に関する準拠法は日本法とします。また本サービスまたは本キャンペーンまたは本利用規約に関連して訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

規約に同意される方は上記にチェックを入れてください。

キャンペーンの詳細

キャンペーン名

読売新聞 × NTTファイナンス 読売プレミアム6か月無料”おためしID”プレゼントキャンペーン

概要

読売新聞を新規に6か月以上お申し込み、または6か月以上ご購読中で引き続きご購読予定の方が、購読料のお支払い方法に、NTTファイナンスの電話料金合算サービスを新規でお申込みされた場合、読売プレミアムを6か月間無料でお使いいただける「読売プレミアム"おためしID"」をもれなくプレゼントするキャンペーンです。

応募受付期間

2017年4月17日(月)~2017年6月30日(金)17:00まで

応募方法

本キャンペーンサイトから、インターネットでお申込みください。

賞品

読売プレミアムが6か月無料でご利用いただける「読売プレミアム"おためしID"」をプレゼントいたします。

賞品のお渡し

お申込み完了後「読売プレミアム"おためしID"」ご利用に関するメールを差し上げます。メールの記載にしたがって“おためしID”をご利用ください。

ご注意事項

  • 本キャンペーンは下記の読売新聞東京本社のエリア内にお住まいの方が対象です。 北海道、東北、関東の各都道県、新潟県、富山県、石川県、山梨県、長野県、静岡県、岐阜県、愛知県、三重県(名張市、伊賀市を除く)※一部地域除く
  • 電話料金合算サービスをご利用いただけるのは、NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモとご契約で、NTTファイナンスより請求させていただいている方のみです。
  • すでに購読料金のお支払い方法に、電話料金合算サービスをご利用の方はお申込みできません。
  • 読売プレミアム"おためしID"では一部ご利用になれないサービスがあります。
     【ご利用になれない主なサービス】
     ・緊急速報メールサービス
     ・プレゼント特典応募(別途無料の「読売ID」を取得頂ければご利用になれます)
  • すでに読売プレミアムをご利用の方が本キャンペーンにお申込みの場合、現在ご利用いただいている料金が無料になるものではございません。(現在ご利用いただいているIDとは別の"おためしID"をプレゼントいたします)
  • "おためしID"をご利用中に通常の会員に移行した場合は、それ以降の期間は有料(税抜き150円/月)となります。
読売プレミアムに関するお問合せ
読売デジタル会員デスク 
03-3246-1200
受付時間:平日午前9時~午後6時
電話料金合算サービスでのお支払いに関するお問合せ
読売ハートサービス 
03-5212-1340
受付時間:平日午前10時~午後5時